メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

No Pain No Gain

ドロップゴール有効=箕内拓郎

 予想通りの激しい展開になった。1次リーグD組のウェールズ―オーストラリア戦(9月29日)は、ウェールズが29―25で粘り勝ったが、両チームとも優勝候補の一角であることを示す戦いぶりだった。

 立ち上がりが鍵になった。ウェールズはキックオフをやや深く蹴り込み、できたラックをいきなりターンオーバー。その直後にドロップゴールを決め、1分もたたずに先制した。オーストラリアが直前のフィジー戦で序盤の出来が良くなかったことから、最初のラックで一気にプレッシャーをかけることを狙っていた。思惑通りに運び、主導権をつかんだだけでなく、結果的にこの3点が非常に重かった。

 また、SHのG・デービスが相手SHゲニアの長いパスをインターセプトしてトライを奪った場面も、そこに隙(すき)があることを事前に分析していたのだろう。ウェールズが準備の部分で勝っていた。

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文807文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  2. 北朝鮮の元クウェート大使代理が韓国に亡命 妻子も同行「子どもにより良い未来を」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです