メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

大相撲・技あり! 双差し 名手・逆鉾、大を制す

1988年初場所、得意の双差しで千代の富士を破った逆鉾(左)

 大相撲秋場所9日目の9月16日、元関脇・逆鉾の井筒親方が58歳で死去した。逆鉾は父の元関脇・鶴ケ嶺(先代井筒親方、2006年死去)とともに双差しの名手として名をはせた。体重130キロと当時としても軽量で、小兵ゆえに培った技は弟子の横綱・鶴竜らに受け継がれている。

 弟の錣山親方(元関脇・寺尾)は「父親は右を差して左を巻きかえるという形だったが、兄は最初から両方入るような相撲が多かった」と、父子の違いを解説する。

 対戦成績で3戦3勝だった尾車親方(元大関・琴風)は逆鉾の立ち合いを「飛び込んでくるような感じで2本…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文591文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです