メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関電金品受領問題 関電社内で金品渡す 福井・高浜町元助役、幹部と面会時

 関西電力の幹部ら20人が、原発が立地する福井県高浜町の元助役から総額3億2000万円分の金品を受け取っていた問題で、元助役が関電の施設に出向いて幹部らに直接、現金や商品券などを手渡していたことが明らかになった。関電は10月2日に大阪市内で記者会見を開き、これらの金品授受の詳細について公表する。

 1977年に高浜町の助役に就任した森山栄治氏(今年3月に90歳で死去)は、85年に営業運転を始めた関電高浜原発3、4号機の誘致に関する地元調整に尽力。87年に助役を退任して以降も強い影響力…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  5. 特集ワイド 新型コロナ、都内感染再拡大の危機 今が踏ん張りどころ 東京都医師会・尾崎治夫会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです