メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

維新国会議員団が福島第1原発など視察 「処理水放出する状況作り出す」

東京電力福島第1原発を視察する日本維新の会の馬場伸幸幹事長(右から2人目)ら=福島県大熊町・双葉町で(代表撮影)

 日本維新の会の国会議員団は1日、福島県大熊、双葉両町を訪れ、東京電力福島第1原発の汚染処理水タンクなどを視察した。政府が処理水の処分方法に苦慮する中、維新代表の松井一郎大阪市長は9月に大阪湾への「海洋放出」の可能性に言及。維新はこの問題に積極的に取り組む姿勢を示し「責任政党」ぶりをアピールしたい考えだ。【浜中慎哉、東久保逸夫】

 「どうすれば福島が復興していくか、ベターな方策を選ぶ時だ。(海洋放出以外に)方法はない。放出する状…

この記事は有料記事です。

残り896文字(全文1111文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 10年前の強姦容疑で男逮捕 海外渡航で時効2カ月延び 神奈川県警

  5. インスリン使わぬ1型糖尿病治療法 名大グループが発見 臨床応用へNPO資金提供

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです