野党、消費増税に一斉反発 枝野氏「不況の中で暴挙」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
立憲民主党の枝野幸男代表=東京都港区で2019年7月21日、長谷川直亮撮影
立憲民主党の枝野幸男代表=東京都港区で2019年7月21日、長谷川直亮撮影

 野党は1日、消費税率10%への引き上げに対し、一斉に反発を強めている。4日召集の臨時国会で追及を強める構えだ。

 立憲民主党の枝野幸男代表は党会合で「今の消費不況の中でこの暴挙は日本経済全体に深刻な影響を与えるのではないか」と指摘。国民民主党の玉木雄一郎代表も記者団に「税の3原則である『公平、中立、簡素』いずれにも反する税制で、問題が多いと言わざるを得ない」と批判した。玉木氏は野党…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文481文字)

あわせて読みたい

注目の特集