メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「亀田の柿の種」 消費者の投票結果で配合比率見直しへ

「亀田の柿の種」の柿の種とピーナツの配合比率は現在6対4だが、消費者の意見を基に見直す=提供写真

 亀田製菓(新潟市江南区)は、主力商品「亀田の柿の種」の、柿の種とピーナツの配合比率について、消費者が投票するキャンペーンを1日から始めた。これまでの比率は、柿の種6、ピーナツ4(重量比)だったが、10対0から0対10まで、11の選択肢から消費者に好みの比率を投票してもらい、結果を商品に反映する。

 柿の種は1966年発売。発売後数年間は配合比率が7対3、5対5と変…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. ひき逃げの女に「逃げろ」 同乗の男、初公判に現れ御用 京都府警

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. セブンペイ詐欺、指示役の中国人女逮捕 「微信でIDとパスワード送られてきた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです