中国建国70年式典 江沢民氏と胡錦濤氏出席 習近平氏が左右に従え

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
中国建国70周年式典に登場した習近平国家主席(前列左から2人目)、胡錦濤前国家主席(前列左端)、江沢民元国家主席(前列右端)=AP
中国建国70周年式典に登場した習近平国家主席(前列左から2人目)、胡錦濤前国家主席(前列左端)、江沢民元国家主席(前列右端)=AP

 北京で1日に開催された中国建国70周年式典には、江沢民元国家主席(93)や胡錦濤前国家主席(76)も姿を見せた。習近平国家主席(66)は2人を左右に従えて、過去最大規模の軍事パレードを閲兵し、最高指導者としての権威確立を印象付けた。

 70年前に毛沢東が新中国成立を宣言した天安門の楼上。高齢の江氏はスタッフに両脇を支えられて登壇した。気温30度前後の暑さの中で、サングラスをかけて2時間半のパレードを見守った。胡氏も元同僚たちに目礼するなど配慮を見せていた。

 軍事パレードに続く大衆パレードでは、革命から数えて第1世代指導者の毛沢東、第2世代の鄧小平、第3世代の江氏、第4世代の胡氏に続き、第5世代になる習氏の巨大な肖像画も登場した。過去の演出を踏襲した形だが、文化大革命への反省から個人崇拝を禁じてきた中国で、まだ存命中の元、前、現指導者3人の肖像画が同時に登場するのは極めて異例だ。

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文701文字)

あわせて読みたい

注目の特集