メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港で警官が実弾発砲、抗議行動の高2重体 北京では建国70年軍事パレード

地下鉄駅の出入り口からデモ隊に向けて催涙弾を放つ警官隊=香港・中環で2019年10月1日午後4時26分、福岡静哉撮影

 中国建国70周年を迎えた1日、香港各地で「国難の日」と位置づけた抗議活動が激化した。香港紙「東方日報」(電子版)によると、郊外の荃湾(せんわん)地区であった衝突で警官が発射した実弾が高校2年の男子生徒(18)の左胸に命中し、病院に搬送されたが重体だという。実弾発砲による負傷者は「逃亡犯条例」改正案を巡る一連の抗議行動で初めて。

 香港大学学生会が発砲の瞬間を撮影したとしてネット上で公開した映像には、鉄の棒で殴りかかろうとする男…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文523文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 河井案里議員が登院「区切り付いたら説明したい」

  5. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです