メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消防本部間の緊急時情報伝達にLINE企業版 神奈川県が導入検討

LINEのロゴマーク

 神奈川県は10月から、災害発生時などの緊急時に県と県内24消防本部間の情報伝達手段として、無料通信アプリのLINE(ライン)の企業版を試行的に運用する。現地の消防本部だけでは対応が難しいレベルの大規模な災害が発生した時、県や他の消防本部との情報の共有を迅速にできる仕組み。検証の結果、効果が認められれば本格導入したい考え。

 県は県内で局地的な大災害が発生した時に備え、県内の消防本部と一体になって被災地の対応にあたれるよう「かながわ消防」という仕組みを2016年から構築している。県内には、33市町村にまたがる形で24の消防本部がある。県によると、初動にあたっては現在、電話やファクスのやりとりの対応が前提となっており、情報共有の迅速化などが課題となっていた。

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文703文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  2. 特集ワイド コロナショック 正確な現状分析なき「宣言」 元厚労相・前都知事、舛添要一氏

  3. 学生に「バイト来るな」 大学に「住所教えろ」 クラスター発生の京産大へ差別相次ぐ

  4. 東京都 感染拡大防止協力金に最大100万円 休業要請の事業者に

  5. なぜ布製?どうして2枚? マスク配布に広がる疑問や戸惑い その効果は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです