メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消防本部間の緊急時情報伝達にLINE企業版 神奈川県が導入検討

LINEのロゴマーク

 神奈川県は10月から、災害発生時などの緊急時に県と県内24消防本部間の情報伝達手段として、無料通信アプリのLINE(ライン)の企業版を試行的に運用する。現地の消防本部だけでは対応が難しいレベルの大規模な災害が発生した時、県や他の消防本部との情報の共有を迅速にできる仕組み。検証の結果、効果が認められれば本格導入したい考え。

 県は県内で局地的な大災害が発生した時に備え、県内の消防本部と一体になって被災地の対応にあたれるよう…

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文703文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  4. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです