消費税増税でも「10円焼き鳥」据え置き 3代目、父の遺言守り続ける

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「これからも焼き鳥は値上げしません」と語る吉岡さん=福岡県大牟田市で、井上和也撮影
「これからも焼き鳥は値上げしません」と語る吉岡さん=福岡県大牟田市で、井上和也撮影

 今回の増税でも値上げはしません――。「10円焼き鳥」で知られる福岡県大牟田市の老舗焼き鳥店「元禄」は、1日からの消費税増税でも看板メニューの値段を据え置く。1989年の消費税導入以来、度重なる増税の波にもかたくなに1本10円を守ってきた。2代目店主、吉岡正二さんが2016年に病死したことによって店を引き継いだ長男凌さん(24)は「焼き鳥だけは値上げするな」という父の遺言を守り続けるつもりだ。【井上和也】

 元禄は凌さんの祖父の初代店主、鑑正(かんせい)さんが1950年に創業。来年で70周年を迎える市内で最も古い焼き鳥店とも言われている。旧三井三池炭鉱三川坑に近いことから、鉱員の一番方が上がる時間に合わせ午後4時に開店する。当初の1本5円から85年に10円に値上げして以来、正二さんの代になっても「焼き鳥10円」にはこだわってきた。がんで亡くなる前、息子に20歳の若さで店を継がせることを覚悟した正二さ…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文781文字)

あわせて読みたい

注目の特集