メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福井県高浜の元助役 30年間、関電子会社の非常勤顧問に

関西電力高浜原発の1号機(手前左)、2号機(同右)、3号機(奥左)、4号機(同右)=福井県高浜町で2019年5月30日、本社ヘリから

 関西電力の幹部ら20人が、高浜原発がある福井県高浜町元助役の森山栄治氏(故人)から多額の金品を受け取っていた問題で、元助役が約30年間にわたり関電の全額出資子会社「関電プラント」(大阪市)の顧問を務めていたことが明らかになった。

 関電プラントによると、森山氏は1987年~昨年12月の約30年間、同社の非常勤顧問を務めていた。「原発が立地する地元の視点から経営全般について助言をもらっていた」といい、「常識的な範囲」で報酬を払っていた。

 関電プラントは、原発の設備工事や定期検査を主な業務とし、元請けとして地元業者などに工事を発注する役割も担う。会長と社長は関電の元役員が就いている。

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文591文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染177カ国・地域、世界全域で68万人 死者3万人超える 新型コロナ

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです