メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォークリフト下敷き死亡事故、同僚と上司を書類送検 愛知県警

愛知県警本部=名古屋市で、鮫島弘樹撮影

 愛知県蟹江町の鉄鋼加工会社「三守鉄鋼」の作業場で5月、男性社員(当時65歳)が同僚男性の運転するフォークリフトの下敷きになって死亡する事故があり、県警は1日、必要な安全管理を怠ったとして、同僚男性と、上司にあたる男性次長を業務上過失致死容疑で書類送検した。捜査関係者への取材で判明した。

 書類送検容疑は、5月6日午前11時5分…

この記事は有料記事です。

残り171文字(全文335文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  2. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  3. 着けたまま飲食できるフェースガード開発 「ラーメンも大丈夫」 群馬・渋川のグッズメーカー

  4. 福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類を全廃

  5. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです