メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

尼崎いじめ自殺訴訟 市側、安全配慮義務違反を認めず 第三者委報告書と異なる主張

裁判所=ゲッティ

 2017年12月に兵庫県尼崎市立中学2年の女子生徒(当時13歳)が「学校がしんどいです」とのメモを残して自殺した問題で、学校がいじめに適切に対応しなかったとして、母親が市に慰謝料など約7900万円の損害賠償を求めた訴訟の弁論準備が1日、神戸地裁尼崎支部(田中健治裁判長)であった。市側はいじめを放置した安全配慮義務違反を認めず、請求の棄却を求める考えを明らかにした。

 市教委の第三者委員会が今年3月に公表した報告書では、いじめを認定し、「学校に絶望し、複合的な要因が…

この記事は有料記事です。

残り453文字(全文687文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです