メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「営業費用の給与天引きは不当」 外交員が住友生命保険京都支社を提訴

提訴についての記者会見に臨んだ住友生命保険の保険外交員の女性=京都市内で2019年10月1日午後0時11分、添島香苗撮影

 住友生命保険京都支社(京都市)の保険外交員の50代女性が、営業で使う配布用カレンダーなどの物品の費用やタブレット端末の使用料を給与から天引きされるなどしたのは不当だとして同社に計約210万円の支払いを求める訴訟を京都地裁に起こした。女性の代理人弁護士は「生命保険業界の慣行とみられる。代理店を訴えた例はあるが、保険会社への同様の訴訟は他にない」と話している。

 訴状などによると、女性は2012年10月~18年12月、保険商品を顧客に説明するため会社が貸与する…

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  3. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです