メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訴訟

門真一家殺傷事件、遺族7人が被告らに7200万円損賠提訴

亡くなった川上幸伸さんへの思いを語る妻の千春さん=大阪市北区で2019年10月1日午後1時45分、村松洋撮影

 大阪府門真市で2016年、自宅で就寝中だった一家4人が殺傷された事件で、遺族7人が1日、殺人罪などで懲役30年の判決を受けた小林裕真被告(27)=上告中=と母親に計7200万円の損害賠償を求め、大阪地裁に提訴した。刑事裁判で統合失調症の影響が指摘されており、遺族は「適切な治療を受けていれば、事件は防げたかもしれない」と訴えている。

 刑事裁判の判決によると、小林被告は16年10月、民家に侵入して一家を刃物で襲撃。面識のない川上幸伸…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 社会 札響コンサートマスター大平さんALS告白、退団へ 被災者支援に尽力

  3. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  4. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  5. シャープ旧本社跡地にニトリ出店

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです