メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

入管施設収容者、ハンスト急増198人 治療拒み「餓死」も

東日本入国管理センター=茨城県牛久市久野町で、土江洋範撮影

 不法滞在などで国外への強制退去を命じられた外国人を収容する入管施設でハンガーストライキ(ハンスト)をする収容者が急増し、今年6月以降に198人に上っている。1日、出入国在留管理庁が明らかにした。ハンストをする収容者の大半は、国外退去を拒んで仮放免を求める長期収容者とされ、6月にはハンストを続けた男性が死亡する事案も起きた。

 同庁によると、長崎県の大村入国管理センターに収容されていたナイジェリア国籍の40代男性が6月24日…

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文691文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. 「嵐」二宮和也さん、元アナウンサー女性と結婚 「一人の男としてケジメ」

  4. 「相談受ける立場を利用し悪質」 教え子の女子中学生らに校内でみだらな行為 元教師に実刑判決

  5. 火縄銃2丁や刀剣など盗難 奈良・大和郡山市所有 倉庫の鍵はガスメーターの陰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです