メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

目黒・虐待死 父初公判 消防隊員「背中には複数の傷。忘れることない」 東京地裁

東京地裁および東京高裁が入る庁舎=東京都千代田区で2019年5月10日、米田堅持撮影

 東京都目黒区で2018年3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5歳)が死亡した事件で、保護責任者遺棄致死と傷害罪などに問われた父親の雄大被告(34)は1日、東京地裁(守下実裁判長)で開かれた裁判員裁判の初公判で「間違いありません」と起訴内容を大筋で認めた。ただ、結愛ちゃんの死亡直前まで衰弱に気付かなかったとも付け加えた。

 検察側は冒頭陳述などで、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親の優里被告(27)=1審懲役8年=の公判…

この記事は有料記事です。

残り1003文字(全文1213文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  3. 「中村さんを守り切れず悔しかったと思う」 銃撃で犠牲の警備員遺族が涙

  4. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  5. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです