メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NHK会長謝罪文、放送部門トップが異例の持参 かんぽ報道問題

NHK放送センター=東京都渋谷区で2019年3月、嶋野雅明撮影

 かんぽ生命保険の不正販売問題を追及したNHK番組を巡り、日本郵政グループの要求を受けたNHK経営委員会が昨年10月、同局の上田良一会長を厳重注意した問題で、木田幸紀・放送総局長が郵政側に出向き、番組幹部の発言について事実上謝罪する上田会長名の文書を渡していたことが判明した。放送部門の最高責任者である放送総局長が個別番組に絡む抗議に直接対応するのは異例だ。

 関係者によると、木田氏の派遣は一部の執行部幹部で協議され、上田会長が最終決断した。同局関係者は「個別の抗議に対し現場トップに対応させた判断は間違っている。放送の自主自律の観点からも問題だ」と批判している。

この記事は有料記事です。

残り958文字(全文1240文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  2. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  3. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  4. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

  5. インド南部で旅客機着陸失敗、17人死亡 滑走路で停止できず斜面落下

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです