メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北口がわずか6センチ差で決勝進出逃す 女子やり投げ

女子やり投げ予選、北口榛花の1回目の投てき=カタール・ドーハで2019年9月30日、久保玲撮影

 陸上の世界選手権第4日は30日、ドーハで行われ、女子やり投げ予選で北口榛花(日大)は60メートル84の全体13位に終わり、10月1日(日本時間2日)の決勝に進めなかった。この種目では2011年大会の海老原有希以来、日本勢8年ぶりのファイナリストを逃した。

 21歳の北口は「3本以内に60メートル台を投げられたのは良かった」と収穫を挙げつつも、「あと1メートルぐらい欲しかった」と悔しさをにじませた。3回投げる予選で、1回目は57メートル34にとどまったが、2回目に60メートル84をマーク。しかし、3回目は60メートル54と伸ばせなかった。自動的…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文686文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 東京女子医大病院に賠償命令 薬16倍投与で死亡 医師らに1500万円 地裁判決

  3. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  4. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです