広島・緒方孝市監督が辞任表明 4年ぶりBクラス転落で引責「期待に応えられず」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者会見で辞任を表明した広島の緒方孝市監督=広島市で2019年10月1日午後1時44分、田中将隆撮影
記者会見で辞任を表明した広島の緒方孝市監督=広島市で2019年10月1日午後1時44分、田中将隆撮影

 プロ野球・広島の緒方孝市監督(50)が1日、広島市内で記者会見し辞任を表明した。同市内の球団事務所を訪れ、松田元オーナーに辞意を伝えた。就任5年目の今季はリーグ4連覇を逃し、4年ぶりにシーズン4位のBクラスに沈んだ。

 緒方監督は会見で「リーグ4連覇、そして悲願の日本一という期待に応えられず申し訳ない気持ち。目いっぱい全力で最後までやり切ったなという思い」と説明。鈴木清明球団本部長によると、9月初…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

あわせて読みたい

ニュース特集