メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第69期王将戦リーグ特選譜

リーグ初登場の藤井七段、「大人の将棋」で三浦九段を降す

王将戦リーグ初戦の感想を三浦弘行九段と語り合う藤井聡太七段=東京都渋谷区で2019年9月30日、梅村直承撮影

 17歳、現役最年少棋士の藤井聡太七段が王将戦リーグに初登場した。自らの開幕戦となる1回戦は、三浦弘行九段(45)が相手。8月に福岡市で行われた公開対局、将棋日本シリーズJTプロ公式戦1回戦で敗れ、雪辱を期す。挑戦すれば、屋敷伸之九段が持つタイトル初挑戦最年少記録を抜くチャンスがある藤井。A級棋士がそろうリーグ戦でどんな戦い方をするか、試金石となる対局を迎えた=▲が先手、△は後手。

<第69期大阪王将杯王将戦リーグ1回戦>

この記事は有料記事です。

残り3440文字(全文3652文字)

山村英樹

1981年入社。青森支局を経て1986年から東京学芸部で囲碁将棋などを担当。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

  4. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

  5. ORICON NEWS “リモート笑点”が話題 番組Pが語る「大いなるマンネリ」の大切さと新たな可能性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです