メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表
日本文化をハザマで考える

第12回 馬にまたがる三島由紀夫

自宅でくつろぐ三島由紀夫=1969年撮影

 三島由紀夫の様々な写真を見る機会があり、すっかり興味をそそられた。その一つは、彼がまだ若いころ、馬にまたがっている時のものだった。

 三島が小説家として名を成し始めた1940年代の終わりから50年代初期にかけ、三島は「仮面の告白」や「禁色」のような、明らかに同性愛を描いた作品と結び付けられがちだった。しかし、夏に軽井沢の別荘地で上流階級と交わり、当時の日本では1、2を争うほど裕福な年ごろのご令嬢と交流していたという、三島のもう一つの顔は、忘れられている。

 三島は乗馬クラブに入っていた。彼が上流階級の一員として認められるようになったのは、上流階級の人たちの別荘で時間を過ごしていない時に、軽井沢の小道を馬に乗って散策していることが知られていたからでもあるだろう。

この記事は有料記事です。

残り795文字(全文1128文字)

ダミアン・フラナガン

ダミアン・フラナガン(Damian Flanagan) 1969年英国生まれ。作家・評論家。ケンブリッジ大在学中の89~90年、東京と京都に留学。93~99年に神戸大で研究活動。日本文学の修士課程、博士課程を経て、2000年に博士号取得。現在、兵庫県西宮市とマンチェスターに住まいを持って著作活動している。著書に「世界文学のスーパースター夏目漱石」。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道の町役場でクラスター 来庁者立ち入り禁止、半数欠勤 正常化へ2週間

  2. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

  5. 高級車 ジャガー、ベンツ、レクサス「売らない店」の理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです