メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

補助金不交付を許す土壌=与良正男

与良正男専門編集委員

 安倍晋三首相が行った先の内閣改造は「反リベラルの仕上げ」の意味を持つと前々回、書いた。早くもそれがあらわになったと言うべきだろう。国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」に対し、文化庁は予定していた補助金約7800万円を交付しないことを決めた。

 慰安婦を象徴する「平和の少女像」などを展示する一部の企画展にテロ予告を含め抗議電話が殺到し、企画展は中止に追い込まれた。それでもその後、再開に向け動き始めたのはご存じの通りだ。

 政権は展示物が気に入らなかったに違いない。ところがそうも言えないと考えたのか、萩生田光一文部科学相…

この記事は有料記事です。

残り671文字(全文930文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「3人殺すと死刑なので2人までに」 新幹線殺傷、公判で被告

  3. 犠牲者最後の言葉は「待て、話を聞け」 新幹線殺傷の被告

  4. 中村さん事件で生存者 後続車運転の男性「突然の銃声、20秒の犯行」

  5. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです