メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大岡信と戦後日本

/18 68年の朗読詩 他者と出会う「劇の時代」

大阪万国の開催初日、各ゲートからどっと入場した人々。中央は岡本太郎がデザインした太陽の塔。展示物やイベントの制作に多くの建築家や美術家、音楽家らが参加した=大阪府吹田市の万博会場で1970年3月15日撮影

 草月アートセンター(SAC)の活動が興味深いのは、1960年の安保反対闘争と60年代末の大学紛争という二つの時代の熱気を、芸術の面で架橋しているところがあるからだ。象徴的な事例として68年4月に計5回、東京・赤坂の草月ホールで開かれたイベント「EXPOSE1968 シンポジュウム『なにかいってくれ、いまさがす』」(SACと『デザイン批評』誌の共催)を見よう。

 タイトルはベケットの戯曲「ゴドーを待ちながら」のせりふから取られた。英語「expose」はむき出し…

この記事は有料記事です。

残り1591文字(全文1822文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです