メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

定型の窓から

見て楽しむ言葉=片山由美子

爽やかや畳めばものの四角なる 大石香代子

洎夫藍や死後の時間の長きこと 波戸岡旭

 このところ、東京近辺でもようやく秋らしい風が吹くようになった。夜はすでに肌寒さを感じるほどである。

秋風にたなびく雲のたえ間より漏れ出(い)づる月の影のさやけさ 藤原顕輔

 『新古今集』のこの歌は『百人一首』にも収められており、今ごろの季節感をよく伝えている。「さやけさ」は月の澄みきった明るさを意味し、「さやけし」あるいは「さやか」といえば秋のけはいを伝える言葉である。どちらも、歳時記では「爽やか」の言い換え季語となっている。

 「爽やか」は秋の代表的な季語であり、春の「麗(うら)らか」と対照させるとその感覚がよくわかる。

この記事は有料記事です。

残り985文字(全文1286文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです