メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

定型の窓から

見て楽しむ言葉=片山由美子

 このところ、東京近辺でもようやく秋らしい風が吹くようになった。夜はすでに肌寒さを感じるほどである。

秋風にたなびく雲のたえ間より漏れ出(い)づる月の影のさやけさ 藤原顕輔

 『新古今集』のこの歌は『百人一首』にも収められており、今ごろの季節感をよく伝えている。「さやけさ」は月の澄みきった明るさを意味し、「さやけし」あるいは「さやか」といえば秋のけはいを伝える言葉である。どちらも、歳時記では「爽やか」の言い換え季語となっている。

 「爽やか」は秋の代表的な季語であり、春の「麗(うら)らか」と対照させるとその感覚がよくわかる。

この記事は有料記事です。

残り1024文字(全文1286文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです