メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消費税10% 生活どう変わる

消費税10%始まる 購買意欲刺激に躍起 スーパー「5%還元」告知ずらり /青森

キャッシュレス決済によるポイント還元を呼びかける青森市内のスーパー

 消費税率が10%に引き上げられた1日、県内の小売店などでも一斉に値札の付け替えなどが行われた。増税の現場を歩くと、価格設定に悩む商店関係者や、値上げや新しい制度に戸惑う消費者の声が聞かれた。【平家勇大、井川加菜美】

 食料品や日用品を販売する青森市の小売店「米のナカムラ」では9月30日の閉店後に、日用品など10%に引き上げられる商品と、食料品など8%に据え置かれる商品に分けて約5時間かけてレジの設定を変更。増税の対象となる商品について、たばこ以外は増税分の料金を販売価格に転嫁しないことに決めた。店主の中村隆英さん(68)は「店にとっては痛いが、値上げしてお客さんが離れると困る」と複雑な心境をのぞかせた。

 同市のスーパー「マエダストア」虹ケ丘店でも1日、午前5時ごろからスタッフの数を増やして開店準備にあ…

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文867文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. 山手線あす部分運休 新駅関連工事 大崎、上野で折り返し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです