メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消費税10% 生活どう変わる

消費税10%スタート 複雑な制度、困惑の声 新レジ導入、対応に追われ /福島

キャッシュレスで商品を買うと5%が還元されることをアピールする掲示物=福島県いわき市勿来町のスーパーマルトSC窪田店で

 1日、消費税率が8%から10%に引きあげられ、県内でもスーパーや飲食店が対応に追われた。軽減税率の導入で二つの税率が混在するなど、複雑な制度となり、買い物客や商店主らから困惑の声も上がった。【渡部直樹、湯浅聖一、寺町六花】

 いわき市の総合スーパー「イオンスタイルいわき小名浜」では、2日前から値札を貼り替えるなどして備えた。酒類などを除く食料品には軽減税率が適用される一方で、日用品などは一律10%となる。市内から1歳の娘と訪れた主婦の半沢美咲さん(25)は「オムツやトイレットペーパーは必需品。10%は納得できない」と憤った。

 会津若松市中町のピザカフェ「ワンズホーム」では、軽減税率の適用で持ち帰りは8%、店内飲食は10%の…

この記事は有料記事です。

残り1397文字(全文1712文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

  4. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです