メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

証言・受け子になった少年たち

/4止 被害者の気持ち学ぶ 少年院、再非行防止へ矯正教育 /愛知

特殊詐欺について少年らに講演する愛知県警捜査員=瀬戸少年院で

 特殊詐欺で摘発される少年が増加傾向にある中、再非行を防ごうと、県警は今年3月から、少年院で捜査員による講演を開いている。捜査員から見た詐欺の現状を伝えるのが目的で、これまでに豊ケ岡学園(豊明市)と、瀬戸少年院(瀬戸市)で開催した。また、全国の少年院も特殊詐欺に特化した矯正プログラムの導入に乗り出すなど再非行防止に力を入れている。

 「亡くなったおじいちゃんが、老後のためにためてくれた金を詐欺でだまし取られた女性は、1週間仏壇の前…

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文782文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告保釈される 勾留先の警視庁東京湾岸署から

  2. 無免許ひき逃げ後、土に軽トラ埋めて証拠隠滅 容疑者逮捕

  3. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  4. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

  5. 菅官房長官が71歳に「国民の声に耳傾け」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです