メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歯と口の健康アラカルト

親知らずは抜いたほうがいい? /大阪

 親知らず(親不知)は、口内の一番奥に位置する歯で、正式には「第三大臼歯(だいきゅうし)」と言います。名前の由来には諸説ありますが、昔の人は寿命が短く、親知らずが生えてくる頃には既に親がいなくなっていたからだと言われています。

 もともと親知らずのない人もいますが、親知らずの生えてくる場所が不足し、骨の中に埋まったまま出てこなかったり、横や斜めに向いて生えてきたりすることが多くあります。生え方や埋まり方によっては不潔になりやすく、細菌に感染して歯ぐきが腫れやすい状態になります。

 ひどくなると顔が腫れ、痛みが強くなり、口が開けにくくなることもあります。また親知らずのまわりに膿(…

この記事は有料記事です。

残り640文字(全文930文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです