メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大森監督の新作映画「未来へのかたち」 オール砥部町ロケ佳境に 聖火台作り、家族の絆描く /愛媛

記者会見で作品について語る大森研一監督(前列右)とメインキャストの6人(後列左から飯島寛騎さん、内山理名さん、桜田ひよりさん、前列左から吉岡秀隆さん、伊藤淳史さん、橋爪功さん)=砥部町五本松で、遠藤龍撮影

 「瀬戸内海賊物語」「海すずめ」など愛媛を舞台にした映画作品を多く手がける砥部町出身の大森研一監督(44)の新作映画「未来へのかたち」の撮影が佳境を迎えている。県の伝統工芸品「砥部焼」とオリンピックをテーマにした作品で、地元の窯元での撮影などオール砥部町ロケを敢行。今月上旬に撮影を終え、2020年初夏の公開を予定している。【遠藤龍】

 作品は砥部焼の窯元親子が五輪の聖火台作りを通じて家族の絆を取り戻していく物語で、大森監督が脚本も担当。主演は伊藤淳史さん(35)で、橋爪功さん(78)や吉岡秀隆さん(49)ら豪華俳優陣が脇を固める。高さ3メートルにも及ぶ聖火台も実際に制作し、実物が登場するという。

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文800文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  3. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  4. ライブハウス自粛影響調査 困窮浮き彫り 札幌のバンド有志「他業種が声上げるきっかけに」

  5. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです