メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憧れの舞台へ

’19長崎くんち/2 玉園町・獅子踊 家族3人、伝統支える 宮崎和斗さん(14) /長崎

「月の輪」の稽古に励む宮崎和斗さん

 今年の長崎くんちで玉園町が奉納する「獅子踊」は、太鼓や笛などの音に合わせ、二人一組の獅子が息の合った舞いを披露する。長与町の長与第二中3年、宮崎和斗さん(14)の役割は、獅子の登場前に太鼓の音で場を清める「月の輪」。父義和さん(39)は獅子を演じるだけに、「『そうじ役』として、父たちの迫力を引き立てたい」と意気込む。

 幼い頃から、獅子舞に取り組む義和さんの背中を追ってきた。「吉無田獅子舞保存会」に所属し、くんちだけ…

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文808文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 沢尻容疑者逮捕 大河ドラマ出演予定のNHK「対応検討中」

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 沢尻エリカ容疑者を送検 麻薬取締法違反容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです