メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

現代社会とお寺

 仏教寺院の数は、全国約8万とコンビニ(5万5000)より多い。ただし、住職がいなかったり檀家(だんか)0軒という例も目立つ。特に、大都市圏では寺と付き合いのない人が「田舎の墓」をどうするか悩んだり、合葬式の納骨堂など新しい「墓」を選んだり。現代の寺や墓事情、背景にある宗教性の変化から高齢多死社会を考えた。

 人口減時代を迎え、仏教寺院の存続が危ぶまれている。寺は現在、全国に約8万あるが、統合や廃寺で減少傾向だ。寺がなくなれば、だれが死者をとむらい、墓や遺骨を守るのか。日本人はそのような切実な問題に直面している。

この記事は有料記事です。

残り4298文字(全文4556文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 京都市がホテル新規開業「お断り宣言」 オーバーツーリズム

  2. 東大大学院特任准教授が中国人差別ツイート 大学謝罪、企業は寄付停止表明も本人は反論

  3. 「いちごさん」親苗盗まれる 佐賀県の新ブランドイチゴ

  4. 大阪女児誘拐 容疑者は「せつじろう」 ハンドルネームでやりとり

  5. 野党のシュレッダー視察を内閣府拒否 「官房長の判断でだめと決まった」と押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです