メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

ベネチアから見た日本映画界 野心に富む人材育成を=井上知大(東京学芸部)

ベネチア国際映画祭の会場。世界中から多くの映画関係者、ジャーナリスト、映画ファンたちが集まりにぎわった=イタリア北部ベネチア・リド島で2019年9月1日、井上知大撮影

 イタリアで8~9月に開催された第76回ベネチア国際映画祭を取材した。ベネチアは、カンヌやベルリンと並ぶ世界3大映画祭の一つで、最古の歴史を持つ権威ある映画祭だ。コンペティション部門に、是枝裕和監督の「真実」(日仏合作、10月11日公開)が出品され、映画関係者やファンらから高い評価を受けた。ただ、本作以外に話題に上った日本作品はなく、日本の存在感が薄かったことは否めない。また、是枝監督ら「常連」の作品ばかりが国際映画祭にノミネートされる現状も目の当たりにし、新たな人材の育成が急務だと感じた。

この記事は有料記事です。

残り1808文字(全文2056文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  4. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです