メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニ論点

中国建国70年 軍事パレード分析 安田淳・慶応大教授/小原凡司・笹川平和財団上席研究員

 中国建国70周年の軍事パレードについて識者2人に分析してもらった。

新兵器見せ米をけん制 安田淳・慶応大教授(中国の軍事・安保)

 軍事パレードでは人民解放軍の急速な発展ぶりが如実に示された。2015年、17年の直近2回のパレードと比較しても、この短期間で、中国の軍事力は大きな進展を遂げていることが読み取れる。自信と誇りを国内外に表明できるような態勢が出来上がったということだと思う。初登場の兵器も非常に多かった。また例えば、これまでのように重厚長大な火砲を並べるのではなく、新たな中長距離ミサイルなど多様なタイプのミサイルを誇示しているのが特徴的だ。これらを隠すことなく披歴することで対外的にアピールを強めるという狙いもある。現実には米国と一戦交えたくないだろうが、ミサイルに象徴されるような新兵器を見せつけることでけん制する一面もあるだろう。

 今回初めて戦略支援部隊などが登場し、統合運用体制が進んでいる様子もうかがえた。また平和維持部隊も出…

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文1069文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  2. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. WEB CARTOP 安全性も走行性能もクルマは大幅に進化したのに50年前のまま! 日本の制限速度はなぜ見直されないのか

  5. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです