メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

バンコクのスラムで アジア総局・西脇真一

 貧しい人が身を寄せ合うスラム。バンコクでは約1900カ所に200万人が暮らすという。その中で最大とされるクロントイ・スラムを家族と訪ねたことがある。

 長年地域を支援するシャンティ国際ボランティア会の八木沢克昌さんに案内をお願いした。「子供に説教めいたことを言わないで。自分で感じ、考えることが大切だから」。事前にそう言われた。水の浮く路地、うろつく野犬、薬物常習者用の施設案内――。空の向こうに高層ビルが見えた。小学生だった娘は…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文539文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  3. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  4. 茨城・那珂川 氾濫発生情報出さず 巡視員通報・職員確認も生かせず 国交省関東地方整備局

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです