メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農業対策へ補正予算 政府方針、日米協定受け

 政府は1日、日米貿易協定の最終合意を受け、農業を中心とした国内対策の基本方針を決定した。官邸で開いた対策本部の会合で安倍晋三首相は「農家の不安にもしっかりと寄り添い、万全の対策を講じていくことが必要だ」と述べ、関係省庁に対し農業対策の見直しなどを指示した。2019年度補正予算案に盛り込む方針。

 基本方針は、農産品などの海外展開の推進や農林水産業の生産基盤強化、国内産業の競争力強化などが柱。今秋中に、環太平洋パートナーシ…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文531文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  3. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです