農業対策へ補正予算 政府方針、日米協定受け

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 政府は1日、日米貿易協定の最終合意を受け、農業を中心とした国内対策の基本方針を決定した。官邸で開いた対策本部の会合で安倍晋三首相は「農家の不安にもしっかりと寄り添い、万全の対策を講じていくことが必要だ」と述べ、関係省庁に対し農業対策の見直しなどを指示した。2019年度補正予算案に盛り込む方針。

 基本方針は、農産品などの海外展開の推進や農林水産業の生産基盤強化、国内産業の競争力強化などが柱。今秋中に、環太平洋パートナーシ…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文531文字)

あわせて読みたい

ニュース特集