メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日銀短観 景気先行き、内憂外患 景況感3期連続悪化 長引く米中対立、外需懸念/消費増税、財布のひも固く

 日銀が1日発表した9月の企業短期経済観測調査(短観)は、大企業・製造業の業況判断指数(DI)が前回6月調査から2ポイント悪化のプラス5で、3カ月後の予測もプラス2に悪化した。大企業・非製造業も先行き悪化を見込んでいる。米中貿易戦争の長期化に、消費税増税による個人消費の下押し懸念が加わったためだ。日本経済は「内憂外患」の厳しい局面に差し掛かっている。

 「中国向けスマホ部品の受注が減った」(電機大手)。「エアコンや産業用モーターの需要が減っている」(…

この記事は有料記事です。

残り1132文字(全文1359文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  3. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  4. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  5. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです