メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

せかい!動物かんきょう会議=ローカルファースト研究所代表取締役・関幸子

 スウェーデンの高校生環境活動家、グレタ・トゥーンベリさんが9月23日、国連の気候行動サミットで、世界の首脳らが温室効果ガス排出問題に取り組まず、若い自分たちの世代を裏切ったと発言した。将来を担う若者が環境問題を真剣に考えていることがよく分かる。

 日本でも、次世代のSDGs(持続可能な開発目標)への取り組みが山口県宇部市で開始された。宇部市はSDGs未来都市に選定されており、子どもたちが動物の立場になって人間や環境について考える交流プログラム「せかい!動物かんきょう会議」メソッドを導入。地球を動物になって考え、環境を守るためには「人間(おとな)だけに…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文697文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  3. 長男殺害の元農水次官「かわいそうな人生を送らせた」被告人質問で涙

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 2019年ヒット商品ベスト30 1位は女性も着る作業着「ワークマン」 2位は「タピオカ」 3位は「PayPay」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです