メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第10部 マルハニチロ/11 被災工場、希望の光

操業再開当時のマルハニチロ石巻工場=マルハニチロ提供

 2011年3月11日午後2時46分、東日本大震災が発生し、マルハニチロ石巻工場(宮城県石巻市)を激しい揺れが襲った。工場内の従業員は約200人。「日和山に逃げろ」。当時の工場長、山口龍一(61)は強く長い揺れに危険を感じ、裏山に逃げるよう指示した。津波が押し寄せたのは約1時間後。山口が山頂から双眼鏡をのぞくと、工場の屋根のすぐ真下まで津波が迫っていた。屋上に残った30~40人の従業員の無事は確認できたが、周囲では灯油などに引火して火災が発生。夜になると炎しか見えなくなった。「工場が燃えてしまう」。山口は朝が来るまでぼうぜんと見つめるしかなかった。

 石巻は旧ニチロが1947年に開設した冷凍食品の主力工場。天ぷらの揚げ方など女性従業員たちの熟練の技…

この記事は有料記事です。

残り808文字(全文1135文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです