入管施設、ハンスト急増 6月以降198人 仮放免求める

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 不法滞在などで国外への強制退去を命じられた外国人を収容する入管施設でハンガーストライキ(ハンスト)をする収容者が急増し、今年6月以降に198人に上っている。1日、出入国在留管理庁が明らかにした。ハンストをする収容者の大半は、国外退去を拒んで仮放免を求める長期収容者とされ、6月にはハンストを続けた男性が死亡する事案も起きた。

 同庁によると、長崎県の大村入国管理センターに収容されていたナイジェリア国籍の40代男性が6月24日に死亡した。約1カ月にわたってハンストを続けて治療も拒み、死因は「餓死」だった。同庁は調査の結果、強制的な治療は難しかったなどとして「対応が不相当と評価することは困難」と結論付けた。

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文650文字)

あわせて読みたい

注目の特集