メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん大国白書

患者100万人時代に備える 肺がん/中 難治の壁打破へ、続く進歩

 肺がんの死亡数は過去20年以上1位だ。治療の難しさの表れだが、近年、進歩が著しい。注目のがんゲノム医療をけん引してきた薬物治療に加え、放射線など他の治療法との組み合わせでも成果が出ている。

 ●保険で遺伝子検査

 5月末の中央社会保険医療協議会。がんゲノム医療の中心を担う遺伝子パネル検査の保険適用が注目されたこの会議で、4種類の肺がんに関係する遺伝子変異を調べる機器「オンコマイン」の保険適用が決まった。

 松阪市民病院(三重県松阪市)の畑地治・呼吸器センター長は「遺伝子パネル検査は限られた病院しかできな…

この記事は有料記事です。

残り1086文字(全文1338文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです