メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長官鳥瞰

釜石、ラグビーと共に=鈴木大地

 アジアで初となるラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会が盛り上がっている。9月28日には日本が優勝候補のアイルランドを破り、スポーツ界のみならず日本全体に勇気を与えてくれた。今後の対戦も楽しみだ。招致活動に成功し、悲願を達成された関係者の方々に敬意を表したい。

 これまでいくつか試合会場を視察したが、札幌と岩手・釜石が特に感慨深い。札幌ドームで行われたイングランド―トンガ戦の前に、交換留学生として15歳でニュージーランドから来日したリーチ・マイケル主将の母校、札幌山の手高を訪れた。佐藤幹夫監督は1988年から指揮を執っているが、「こういう人からあんな選手が育つんだ」と思わせるほど非常に謙虚な人だった。「ご指導のたまものですね」と声をかけると、「勝手に育っていきました」と話していた。なかなかこう…

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文882文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです