メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長官鳥瞰

釜石、ラグビーと共に=鈴木大地

 アジアで初となるラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会が盛り上がっている。9月28日には日本が優勝候補のアイルランドを破り、スポーツ界のみならず日本全体に勇気を与えてくれた。今後の対戦も楽しみだ。招致活動に成功し、悲願を達成された関係者の方々に敬意を表したい。

 これまでいくつか試合会場を視察したが、札幌と岩手・釜石が特に感慨深い。札幌ドームで行われたイングランド―トンガ戦の前に、交換留学生として15歳でニュージーランドから来日したリーチ・マイケル主将の母校、札幌山の手高を訪れた。佐藤幹夫監督は1988年から指揮を執っているが、「こういう人からあんな選手が育つんだ」と思わせるほど非常に謙虚な人だった。「ご指導のたまものですね」と声をかけると、「勝手に育っていきました」と話していた。なかなかこう…

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文882文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです