メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関電金品受領問題 関電子会社顧問30年間 福井・高浜町元助役、報酬も受領

 関西電力の幹部ら20人が、高浜原発がある福井県高浜町元助役の森山栄治氏(故人)から多額の金品を受け取っていた問題で、元助役が約30年間にわたり関電の全額出資子会社「関電プラント」(大阪市)の顧問を務めていたことが明らかになった。【杉山雄飛、宇都宮裕一】

 関電プラントによると、森山氏は1987年~昨年12月の約30年間、同社の非常勤顧問を務めていた。「原発が立地する地元の視点から経営全般について助言をもらっていた」といい、「常識的な範囲」で報酬を払っていた。

 関電プラントは、原発の設備工事や定期検査を主な業務とし、元請けとして地元業者などに工事を発注する役…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文590文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 中国「独身の日」セール アリババが4兆円を突破

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです