メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関電 震災後に金品授受増加 原発再稼働「地元協力必要、断れず」

関西電力高浜原発の(右から)1号機、2号機、3号機、4号機=福井県高浜町で2019年5月30日、本社ヘリから

 関西電力の幹部ら20人が、高浜原発がある福井県高浜町元助役の森山栄治氏(故人)から多額の金品を受け取っていた問題で、2011年の東日本大震災以降、関電幹部が金品を受け取る頻度が増えていたことが明らかになった。震災で停止した原発の再稼働を急ぐ関電の焦りにつけ込み、地元で影響力のある森山氏が関係強化を図った可能性がある。関電は2日午後、大阪市内で記者会見し、岩根茂樹社長らが金品授受の詳細を公表する。

 関電の八木誠会長や岩根社長ら20人は、11~18年に森山氏から総額3億2000万円の金品を受け取っていた。関係者によると、八木会長ら幹部の一部は11年より前から金品提供を受けていたが、頻度は11年以後増えたという。幹部らが金品の受け取りを拒むと森山氏が激高することが多かったといい、ある幹部は「再稼働にあたって地元の協力を得る必要性が高まったというのは(断りにくくなった背景に)あったかもしれない」…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  4. 東京の感染者、新たに10人確認 50人以下は21日連続

  5. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです