メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パンはカリッと シャキシャキ食感 大阪・鶴橋に息づく逸品「キムチサンド」

キムチサンドを手にする岩村瑛子さん=大阪市東成区で2019年9月9日、久保聡撮影

 迷路のように広がる大阪・鶴橋駅前の商店街。韓国食品店や焼き肉店が軒を並べる一角に、地元で40年以上愛されている喫茶店「珈琲館 ロックヴィラ」はある。レトロな雰囲気の店の1番人気が「キムチサンド」(650円)だ。有名な女性演歌歌手ら根強いファンも多い逸品だ。

 「鶴橋という場所で何か韓国色のあるものを」。オーナーの岩村瑛子さん(65)が21年前に考案した。自ら仕入れた厳選キムチを店で味付けし直し、発酵させる。ポイントは余分な水気を搾る作業。これが難しく、方法は「企業秘密」だ。こんがりと焼いた2枚のパンにバターを塗り、ロースハム、キュウリ、マヨネーズ、ゆで卵、たっぷり…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  3. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  4. 新型コロナ あやめ・ラベンダーフェス中止 開花前に刈り取り 久喜 /埼玉

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです