メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関電問題、規制委・更田委員長「情けないというか、憤りを感じる」

原子力規制委員会の更田豊志委員長=竹内紀臣撮影

[PR]

 原子力規制委員会の更田(ふけた)豊志委員長は2日、定例の記者会見を開き、関西電力の社長や役員らが多額の金品を受け取っていた問題について「関電の経営層から組織運営について聞く機会を求めることになるのでは」と考えを述べた。

 更田氏は会見で「(原発の運転に欠かせない)安全文化で重要なのはリーダーシップ。今の状態は健全でないのは明らかだ」と指摘した。また、東京電力福島第1原発事故後の対応が続いていることを念頭に「関係者全てが(原子力の)信頼回復に向けて努力している中で、情けないというか、憤りを感じる」と関電を批判した。

 また、類似案件が他にないかどうか経済産業省が関電に報告を求めていることに関しても「規制委も関心を持っている」と述べた。【荒木涼子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです