メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界ランク1位の戸辺「分析力が鈍っていた」 まさかの予選敗退 男子走り高跳び

男子走り高跳び、2メートル29を失敗し、予選落ちした戸辺直人=カタール・ドーハで2019年10月1日、久保玲撮影

 陸上の世界選手権は第5日の1日、ドーハで行われ、男子走り高跳び予選で戸辺直人(JAL)は2メートル26で全体14位に終わり、決勝進出を逃した。

 2メートル29の3回目、戸辺の跳躍は尻付近に触れたバーが落下した。その瞬間、思わず両手で顔を覆った。「悔しいし、残念としか言いようがない」。世界ランキング1位の27歳がまさかの予選敗退となった。

 一つ前の高さの2メートル26を3回目でクリア。「非常にいい跳躍ができた」と勢いに乗るかと思われたが、2メートル29で再び崩れて立て直せなかった。踏み切り位置が定まらず、助走のスピードを微調整するなど修正を試みたが実らなかった。「どこが悪いかは何となく分かっていたが、その分析力がいつもより鈍っていた」と振り返った。

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 視聴室 新番組・俺の家の話

  3. バグダッド中心部で自爆テロ 32人死亡、110人負傷

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです