メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界陸上2019

東京五輪の主役候補へ 「陸上大国」米国復権も 米国のライルズ

男子200メートル決勝、優勝した米国のライルズ(中央)=カタール・ドーハで2019年10月1日、久保玲撮影

 カーブを抜け、直線に入った時点では2番手付近だった。だが、ライルズはストライドを伸ばし、終盤に差し切った。男子200メートルで初優勝。今大会100メートル銅メダリストのアンドレ・デグラッセ(カナダ)に1メートル超の差をつけてフィニッシュし、両拳を握った。

 「今年は何度も世界チャンピオンになることを考えていた。車の中でも自分に言い聞かせてきた」とライルズ。2014年のユース五輪を制するなど、この種目で将来を嘱望…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文518文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  2. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 特集ワイド 池上彰さんと語る感染症 ジャーナリスト・増田ユリヤさん

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです