メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「大谷より全然上」日ハム栗山監督絶賛 大船渡・佐々木を待つプロ球団

プロ志望を表明する記者会見を終え、会場を後にする大船渡高校の佐々木朗希投手。左は同校野球部の国保陽平監督=岩手県大船渡市で2019年10月2日午後6時35分、丸山博撮影

 最速163キロ右腕の佐々木がプロ志望を表明したのを受け、プロの各球団からはその能力を高く評価する声が相次いだ。すでにドラフト会議で1位指名することを公言している日本ハムの栗山英樹監督は「こんなスケールの投手がいるのか。ちょっとあり得ない」と絶賛。さらに、米大リーグのエンゼルスで活躍する大谷翔平の入団時と比較し「全然上でしょ、…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文411文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです