メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースがわかる目次

定価450円

[PR]

月刊「ニュースがわかる」2019年11月号(10月15日ごろ発売)のおもな内容

    <巻頭特集>

    ★ 気候変動の時代を生きる

    猛暑、洪水、干ばつ、ハリケーンなど、世界各地で気候が変動し、

    地球温暖化との関連が指摘されています。

    この大問題に立ち向かうため、

    2020年に「パリ協定」の実行が始まります。

    温室効果ガス削減を急ぐ

    国際的チャレンジに注目しましょう。

    【特別インタビュー】映画「天気の子」の新海誠監督

    <ニュース特集>

    ★ 万葉集は日本の心

    新元号「令和」の出典元となった万葉集。

    1300年前の人々の心が表現された

    すばらしい歌集です。

    令和誕生の舞台となった奈良時代の「梅花の宴」に注目し、

    和歌に込められた思いを知りましょう。

    ★ 5Gって何だ?

    最近ニュースでよく聞く「5G」。

    より大量の情報をさらに速く送れる通信技術です。

    この分野で世界をリードする中国企業を

    アメリカが敵視し、

    米中貿易戦争の火種にもなっています。

    ★ 高齢ドライバーを支えるしくみ

    お年寄りが運転する車の事故がなくなりません。

    移動手段が限られている地域も多く、

    高齢ドライバーは今後も増えていきそうです。

    事故をなくすための取り組みを探ります。

    ★ 安倍内閣が大幅改造

    安倍晋三首相が9月に内閣改造を行い、

    第4次安倍再改造内閣をスタートさせました。

    国務大臣19人のうち17人を交代させ、

    通算8年になろうとする

    安倍政権の「仕上げ」に向けた布陣としました。

    ★【読者インタビュー】ミミズロボットの開発者

    ロボットに関心がある読者の小5女子が、

    中央大学の中村太郎教授にインタビュー。

    ミミズの動きを取り入れたロボットをつくる

    教授のユニークな発想に迫りました。

    ★オールカラーで図表やイラスト満載。図鑑を見るような楽しさ。

    ★どなたにも読みやすいふりがな付きです。

    ★A4大で68ページ。月1回発行ですから負担になりません。

    ★記事は毎日新聞にのっとり、正確です。

    ★定価450円。書店でどうぞ

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

    2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

    3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

    4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

    5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです